懸垂

懸垂は腕相撲も強くなるし最強の筋トレ種目だと思う【色んな意味で】

こんにちは、ホースです。

いきなりですが、僕は「懸垂」があらゆる筋トレ種目の中で一番最強だと思っています

筋トレの中で1つしか選べないとしたら何を選ぶ?と言われたら、僕は懸垂を推したい。

その理由について熱く語っていきます。

逆三角形の身体が作れるから

懸垂をやりこめば、逆三角形の肉体が手に入ります。

逆三角形の身体を作るためには、背中の広がりを大きくしなければいけません。この広がりを担うのが、広背筋と大円筋です。

引用:https://ameblo.jp/naizoseisei0420/entry-12384683833.html

懸垂をすると、この辺りに強烈な刺激が入ります。懸垂を3か月もやれば、背中がだんだんと広がってくるのが分かるかと思います。

懸垂をやればやるほど、背中の広がりが大きくなっていき、男子が憧れる逆三角形の身体に近づきます。

背中を鍛える種目は他にもありますが、ジムに行かなければいけないというデメリットがあります。対して、懸垂は公園でも家でもできます。こんなに手軽に行える種目はありません。

腕相撲が強くなるから

懸垂をやりこめば腕相撲が強くなるって知ってましたか?

腕相撲が強い=腕が強いみたいなイメージありますよね?これ実は違うんです。

腕相撲で一番大事なのは「広背筋」です

広背筋は懸垂で鍛えることが出来ました。つまり、

  • ・懸垂をやりこむ→広背筋が強くなる→腕相撲が強くなる!

という方程式です。

実際、僕は懸垂をやり始めてから、マジで腕相撲が強くなりました。

ホース
ホース
どのぐらい強くなったかというと、体重が74kgの人に楽勝しました。僕は体重67kgです。

体重7kgの差は、ボクシングで言うと約3階級の差に相当します。かなり大きな差です。

懸垂で広背筋を鍛えれば、3階級上の人にも勝てます。

腕を鍛えようとアームカールをやったり、ベンチプレスをしても腕相撲は強くなりません。特に、ベンチプレスはあまり効果がありません。

ベンチプレスで鍛えられる大胸筋は「押す力」を鍛えるので、ラグビーやアメフトのような相手を押し返すスポーツでは力を発揮しますが、腕相撲は相手の腕をこちら側に引っ張る動作です。

なので、腕相撲を強くするには懸垂が一番です。

懸垂は出来るようになればなるほど楽しくなるから

これは経験談なんですが、懸垂はできるようになればなるほど楽しくなります。テンションが上がります。

僕は最初、1回も出来ませんでした(笑)

でも、懸垂をやり続けるうちに1か月で3回、3か月で10回、6か月で15回できるようになりました。

正直、懸垂がスイスイ引けるようになるとめちゃくちゃ気持ちいいです。

例えば、懸垂が3回しかできなかったとします。そうすると3回目はギリギリですよね?「ぐぬぬ…」と踏ん張りながらなんとか引けるはずです。

でも、成長してくると3回目もスイスイ引け、4回目も楽勝、5回目も余裕…こうなってくると、「俺めっちゃ出来るようになってるじゃん!」とやりながらテンションが上がります。

こんな感じで、懸垂することそのものが楽しくなっちゃいます。

1,2回しかできないときは苦しいかもしれませんが、やればやるほど出来るようになり、楽しくなります。

周りに自慢できるから

僕は懸垂が15回出来るので、周りに自慢できるレベルです。(まだ誰にも披露したことが無いですけど)

機会が出来たら、自慢してみようかと思います。間違いなくみんなの注目を集めるでしょう。

ホース
ホース
想像してみてください。楽々と懸垂をこなすあなた。それを「すご!!」と言って見つめる周りの友だち。あなたはちょっとしたヒーローです。

これがラットプルダウンとかシーテッドロウだと、何回出来ようと周りに伝わりません。

俺「ラットプルダウン80kgで出来るんだぜ」

周り「ふーん。それって凄いの?」

ってなります。

強くなることに加え、周りにアピールできてしまうのも懸垂の魅力ですね。

懸垂は家にチンニングスタンドを買うのがおすすめ

家にチンニングスタンドを設置すると、いつでも懸垂をやりこむことができます。

僕は懸垂が1回も出来なかったので、思い切ってチンニングスタンドを購入しました。

それから3日おきに3セットずつ懸垂をやり続け、9か月で15回出来るようになりました。

3日おきにやるだけでここまで記録が伸びます。

家にチンニングスタンドがあると、雨の日でもやりこめるのでおすすめです。

まとめ:ガンガン懸垂をやりこんで強くなろう

懸垂をやると、

  • ・逆三角形の肉体が手に入り
  • ・腕相撲が強くなり
  • ・懸垂やること自体が趣味になり(趣味が出来る)
  • ・周りに自慢も出来る

これらのメリットから、最強の種目だと思っています。

懸垂をやらない理由が見当たりません。さあ、これからの人生に輝きを持たせるために懸垂を始めてみませんか。

では、最後までお読みいただきありがとうございました。

ABOUT ME
アバター
ホース
馬の中の人は、筋トレ・ブログ・競馬が趣味の就職浪人生(23)。 受験浪人も体験済みの、浪人に愛された男